事業承継の進め方

事業承継を円滑に進めるための指針として、中小企業庁が平成28年12月に「事業承継ガイドライン」を策定しました。
当ガイドラインでは①事業承継の種類、②準備の進め方、③類型ごとの課題と対応策、④円滑な事業承継の手法、⑤個人事業主の事業承継、⑥事業承継をサポートする仕組みについて示しています。
 ガイドラインによれば最も重要なことは早期・計画的な取組みを促進することとしています。経営者年齢が概ね60歳を着手の目安とすることが望ましいです。
 取組の内容としては円滑な事業承継の実現のために5つのステップを経ることが重要であるとしています。
5つのステップとは次の通りです。
①準備の必要性を認識すること
②経営状況・経営課題等の把握(見える化)
③事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)
④【親族・従業員承継の場合】事業承継計画策定
【社外への引継ぎの場合】 マッチング実施
⑤実行→事業承継後の成長・発展

 事業承継を進めるためには経営面、税務面、相続・贈与面等で専門知識が必要です。加えて時間や手間もかかります。
従って取組みに当たっては、必要に応じて専門家のサポートを活用しながら、ステップごとの切れ目なく進めていく事が求められます。

ブログ

 

よくあるご質問

 

無料相談

 

各種情報